脂忘録 ~しぼうろく~

人に言うほどのコトでもない徒然

宮崎駿とドワンゴ川上

NHKのドキュメントで、宮崎駿ドワンゴ会長をタコ殴りしたって話題。

経緯はドワンゴがCGのデモンストレーションとして見せたサンプルの動画が、気持ち悪いゾンビで、「痛みを感じない」「生命への冒涜」「何を目指しているの」

大層ご立腹なその様子は、全国に放送されて、CGの神を畏れぬ雰囲気を嫌う人には「よくぞ言った」と称えられ、ただのプレゼンに周囲に気遣う事なく怒る姿を「まさに老害」と呆れる人もあり。

特にCGの動きの「異形感」に強い不快感を示す彼に、巨神兵やタタリ神の動きは、異形その物だったじゃないかと、これ又クサす人と、イヤあれこそが痛みや哀しみを湛えた動きなのだと庇う人。

面白いのは、同じ事情を見ても全く逆の感想を抱く人同士が、その自分の気持ちの説明に持ってくるモノが、それも同じだと言う事。

「これこれこーだ。その証拠はこれだ!」

って同じモノを指差しながら、正反対の意見。
これって勇午みたいな凄腕のネゴシエーターでも、難しい案件だと思う。

逆張り好き的には(笑)、もう少し違う視点で(笑)。

宮崎氏は、件の映像を見た瞬間、自分との共通項は直ぐに感じたんだと思う。だからこそ、違いも瞬時に、しかも明確に感じた。それが痛みや生命の尊厳だったと。

これが大したこと無いレベルの動画なら、逆に「凄いね。こんな事も出きるんだ」と素直に感心したのじゃないかな。

これ迄のアニメーター人生で出会った事の無いベクトルの動画が、高いレベルだったからこその、拒否反応だったのでは。

それって「不気味の谷」にそっくりだな、と。

だから「じゃ、痛みのアルゴリズムを入れてみましょう」で、解決するかは解らない。

それが完璧に出来たときは、「説明出来ないけど嫌い」と言うかも知れない。

説明出来ないその気持ちは、旧世代の嫉妬かも知れない。
石森章太郎のジュンを酷評した、手塚治虫を思い出した。

15日に再放送か~

毎日ブログ

まー、毎日とは行かなくても、
コンスタントにブログを更新する人、ホント尊敬する。

書きたいことが遭って始めた筈なのに、
メモも書き留めているのに、
気が付けば2月以上、放置。

パクりといえば

キティちゃんでしょう。
すみません、続くと書いた前々回の続きです。

最初に断って置くけど、今、キティちゃん、嫌いではない。
ファンシーおやじ(自分の事ね)の琴線には触れないけど、キティ師匠と言われる山笠とか胎児とか、大変楽しいニュースとして、笑わせてもらってる。
今はね。

昔はキライだった。てか、赦す余裕が無かったのかな。
だってパクりだし。

とにかく最初は、当事コドモだった自分が見ても「あ、パチもん」と解った。
うさこちゃんの体に、ムスティの顔を乗っけた。
んで、どっちも × ←バッテンで鼻と口を表現してるから、鼻を丸く描いちゃったら、バランスに困ったまま口が無くなった。

後の記述に、キティに口がない理由として
悲しい時は、悲しく、嬉しい時は、笑顔に見えるはず
キティはあなたの鏡だから
みたいな?三代目デザイナーさんですかね。
ケッと思いましたよ。
でもあの人、もしかしたら本気でそう言ってるかもなあ。

とにかく、初期のキティちゃんが、座りポーズだけなのは、滑り台のうさこちゃんミッフィー)の絵を持ってきたからだし、猫キャラになったのだって、ブルーナの猫はうさこちゃんと似てないって計算があったんだろうなー。ムスティの顔だけなら、例の鼻で「違う」って言えると。

同じ頃に出ていたパティ&ジミーも、初期は座りポーズだけだったんじゃないかな。ジミーの顔は、よく見るとキティちゃんそっくりだし。
なんでそう思うかって、やっぱりリアルタイムで見てたから。

そんなキティちゃんが、やがて立ち上がり、色々な衣装で、色々なポーズをとり始め、設定が細かくなった頃、テレビでレポートをしていた。日本の「キャラクター」は、様々なグッズ展開をして、海外にも受け入れられているーーー

ヨーロッパだったかな、マグカップとかステーショナリーとかの雑貨を手に取った、10代後半くらいの少女が「日本のグッズが好きです。この猫とか、可愛いですよね。」というインタビューを見て「あ、キティちゃん、逃げ切ったな」と思った。

ブルーナが、オランダ人ではなくアメリカ人だったら、絶対許して貰って無かった筈。きっと当時から、模倣なんて数え切れない状態で、東洋の辺境で何が成されているかは、気にしてなかったのだろう。

きっと我々が、今の中国のパクりを見て、追い切れっこないと諦めるのに、似た気持ちだった様なものなのに、時間をかけて少しずつ形を変え、洗練されて行く。小さな事実と時間を、積み重ねることで、強度を増して行ったのだ。

ブルーナの寛容さと、サンリオのある種の努力により、キティちゃんは無二の存在に成れた。時代背景など、多くの幸運があったことに、サンリオが自覚的なのかは判らないけど、キティ師匠と言われる無節操なコラボは、逞しさや、潔ささえ感じる。

「ウチはそんな、厳しい事言える立場じゃ無いんで」と、出自への禊で、やっているようにさえ思えてくるのだ。まぁ実際は、お金に貪欲なだけなんだろうけど。

だから、数年前に別のウサギのキャラに、ブルーナサイドからクレームがついたとき、両者のコメントはともかく、多くの一般の(ってもweb上だけど)意見に「欲張りじーさんが、金を無心するために、大企業に難癖つけつきた」的なのを見たとき、本当に申し訳なかった。

ブルーナさん、オランダの皆さん、ごめんなさい。日本には、昔、見逃して貰った事を、知らない人も居るんです。忘れたんじゃなく、知らないんです。

てね、自分のこの意見、正しいと言い切る気も無いんだけど。証明するのも難しいし、当事者に聞いて本音が出てくるとも思えないし、時間を経て意見が変わっちゃってる人とか居そうだし。

でもこの意見、自分はずっと変わらないし、そんな意見もあると言うことで。で、事ほど左様に、パクり云々は難しい問題だと。立場や時間の経過で、グレーや玉虫色になるし、塀の上を歩くような物だと。

って、文章が玉虫色じゃん。
因みに、例の佐野さんが、エンブレムのデザインを取り下げたのが、昨日の事です。

烈海王はダチなんだ

渋川センセイが、宮本武蔵をぶん殴った時、涙が出そうになった。

コンビニに行くと、本屋に寄ると、必ず読んでしまう。一度読んでいる週も、2回目3回目と、筋を知ってて読んでしまう。

主人公刃牙(バキ)が、全然グラップラーじゃなくなり、カタカナでいよいよ現実離れして、親子喧嘩がファンタジーになり、今の刃牙道。

中でも烈海王は、ヤバい。
ピクルに食べられちゃった辺りから、ホントに目が離せなくなって。格闘マンガで、負けたら食べられるって、ホラーじゃ無いんだから。

作者自身にも、烈には特別な思い入れがある様で、新日本に新外人が来る度に、ボリスマンとして最初に当てられてた、藤原組長並みの働きを強いられている。
で、やっぱり主人公の露払いだから、やられちゃうんだよね。そこも組長的な。

そんな烈海王が、現代に甦った宮本武蔵と戦い、両断されてしまった。段々インフレして行く物語だから、登場人物には、どんどん苛烈な試練が、課せられる。今回、とうとう主人公に近い役割の彼が、死んでしまった。救済措置は、今のところ描かれていない。

そんな憎っくき武蔵を、いとも簡単に「転がし」、ぶん殴ってくれたのが、合気道の生ける伝説、渋川剛気センセイ。そしてタイトルの台詞だ。烈さんが斬られても、鎬紅葉の超絶医学で蘇ってくるんじゃないか。そんな望みも、話が進むにつれ、儚くなって行く中での、この展開だ。

よくやってくれた。本当に涙が出そうだった。今後の展開として、このままでは済むまい。順番的にも、やられちゃう可能性大。武蔵には、刃物でパワーアップというオプションがあるし。ここは一つ「刃物なんて持たれちゃ敵わん」と、飄々と逃げて欲しい。それができるキャラだし。

これ以上、武蔵の価値を高める三段論法に、大切な登場人物を失わないで欲しい。と、切に願う。

絵が巧くても、マンガが下手な人はいる。
下らなさこそ、マンガで、表現すべき事だ。
いしかわじゅんの、この2つの言葉には、頷かざるを得ない。

第一部から、第四部に至り、初めは格闘マンガだったものが、どんどん荒唐無稽になり、物語として、下らなくなる程に、面白く、目が離せなくなっていった。

こうして文字にすると、なんてヘンテコな話かと。そこに説得力を与え、支えているのが、超個性的なキャラクター。「アイツなら、遣りかねない。」どんなにブッ飛んだ展開でも、登場人物の知り合いである僕達は、賞賛と共に受け入れるのだ。

今見れば、初期の絵は、随分下手くそで、でもやっぱり読み始めれば、BOOK・OFFの閉店時間にワープしてたりして。知っている筈の筋を、何度も反芻し、毎週の展開からも目が話せない。刃牙シリーズは、巧いのではない、マンガとして、強いのだ。

鎬昂昇辺りが、武蔵をくしゃっと言わせてくれると、最高なんだけど。
そしてやっぱり、まだ烈海王の死は、信じていない。何たってアタマを撃たれたのに生きてる、花山薫が居るんだから。

パクり問題

パクりで、世間が喧しい。

10年以上前、佐野研二郎さんに会った事がある(自慢)。
まだ博報堂の社員だった彼は、自分には、キラキラ輝いて見えた。
野心家と言うより、気さくなあんちゃんで、印象はとても良かった。

時を経て、彼は今、物凄い逆風に晒されている。
ここでは、彼のこれまでや、オリンピックエンブレムがパクりか否かは、問わない。
どうするかは、彼自信に委ねられており、選んだ道をどう歩むかも、彼が決めるものだ。

書いている現在は、
・エンブレムはオリジナルと主張。IOCだかJOCだかも、それを擁護の姿勢。
サントリーのトートバッグは、謝って、幾つかのデザインを取り下げ。(全部ではない)
・ネットの人々に、次々にパクり認定をされているが、沈黙。
・そこに「知識人」が、我も我もと、似たような見解を競い会う。
・エンブレムのパクりを認めなくてもいい。トートバッグの件、現状大騒ぎな件を以て「自ら取り下げれば」各方面に丸く収められる「落とし処」ではないかとの見方が大勢。

半年もすれば、結果が出ているだろう。
もう既に、デザイン界には、大きな1ページになってしまった。

で、ホンとはこの事はただの枕だったんだけど、長くなってしまったんで、次回に続く。

治りました!

間が空きました。
前回まで大騒ぎしてた、鼻だけど、タイトル通り治りました。実は割とあっさり。ただそれは、結果であって、そこに至るまでには、様々な紆余曲折や葛藤がありーの、事件(?)がありーので。って、ほぼ一人相撲なんですが。

笑っちゃうのは、実際患っていたのは、実質2週間くらいで。前回の更新の時は、まだ罹患からたった数日と言う。そこであんなこの世の終わりみたいな内容になってしまう辺りが、自分の小者ぶりと言うか、慌てぶりが見える様で興味深いなと。同時に、本当に治らないレベルの方々には、何となく申し訳ない気にもなり。大騒ぎして、すみませんでした。

たった数日で、ベテラン面して語るほどだったのは、症状が、「食べる」と言う極めてプリミティブな行為に、大きく影響するものだったからだとは思う。自分には、それだけ衝撃的だったのだ。

今迄とこれからの、価値観が揺さぶられ、否応無しに変えられてしまう(かも知れなかった)瞬間に立ち会い、狼狽えたのだ。

例えば腕が取れちゃったとして。もう、好きなおっぱいには、触れない。
でも、もう片方の手でなら。両手がダメなら、足でとか。そんな状態なら、頼めば頬擦りさせてくれるかとか。サイアク見るだけでもとか、何言ってんだ。

つまり、オトコの目的に対して、器官の欠損などの大きな障害が生じても、ふくよかだとか、美しいとか、柔らかいとか、ありがたいとかの、おっぱいの魅力そのものには、全く変わりが無いと。

一切の陰りのない、おっぱいの価値の豊かさ。
一方で、高々鼻が利かないだけで、食欲と言う価値観が、大きく揺らいだのだ。
このブログのタイトルは、いずれ頑張って痩せる、或いはどうして痩せない、そんな戒めだったり自嘲だったりを込めたんだけど、それくらい普遍的だったはずの価値観が、音もなく変わった(変わりつつあった)事に、慌てたんだなぁ、と、今にして思う。

「世の中を変えたければ、まず自分が変わること」って使い古した言葉があるけど、そんな瞬間だったのかなと。
だってその時、食べる事に興味を失って、その2週間で、ガクンと体重が落ちたんだもん。
今は、元通りだけどね。

人生最大の続き

前回の続き。

味がしないは、言い過ぎでしたけど。

風邪の時、鼻水だったり、粘膜が腫れたりで、匂いが、解らない事は、誰でも経験ある筈。でもそれは、鼻をかんだりすすったりした時、或いは咀嚼して飲み込む、口腔内の変わった時などに、一瞬解る食べ物や、環境の匂いを確認する事で、「ああ、今自分は鼻が詰まって匂いが嗅げないのだな」と、再認識できる。この状態が変われば、匂いも戻るのだなと、確認できる。

でも今、鼻は通ってる。なのに匂いがしない。

味は、する。
所謂5つの味覚、甘い、塩辛い、酸っぱい、苦い、旨い…解るんだけど、「風味」が、全然無くて。

出汁は薄い塩水だ。旨味はあるけど旨くはない。
アイスクリームも、甘い物が口の中で溶ける、それだけ。
お茶はコレ、ん? なんの味?

ま~日常が、ことごとくつまらなくなった。このまま行けば、ダイエットできる。「食べること、あまり興味ない」って人、たまに居るけど、少し理解できた気がした。

勿論、その人と、今の自分は事情が違うだろう。でも食べることが楽しくない事が、日常をこんなに味気無くするとは。食欲が無くなる訳ではないから、食べるんだけど、咀嚼して飲み込む事に、特に快感が無いのだ。自分は食べる為に生きていたのだ。

日常に不便も出る。

口が臭うから歯磨き。そんなサイクルも途切れ、モーニングブレスだから、と、知識で行動する事になる。

歯磨き粉は、刺激と、何となくケミカルな味と言うか、石鹸の泡が口に入った事を思い出した。確か界面活性剤が、入ってるんだよな。ミントの香りは皆無で、とにかく、歯磨き=サッパリと言うのも無くなった。

環境が匂わないのも参った。
リビングで、愛犬のうんこを2回も踏むガッカリ感たら。
ウチの犬は、介護が必要な高齢犬なのだが、その日はお腹の調子が悪かった。散歩に行こうと持ち上げたら、犬がうんこまみれになってる。あ、自分もうんこだらけだ。

持ち上げるとき、お腹を押されて、出ちゃったんだな。いつもなら粗相があっても、臭いで気付くから、ここまで甚大な被害は無いし。申し訳無さそうな犬と床を拭いて、嫁さんに臭いを確認してもらって。

で散歩から帰って、寝る前にもう一度、姿勢を変えてあげたら、また踏むと言う。嫁さん寝てるし、汗かきながら掃除して、フローリングの目地を楊枝で掻いて、ガッカリヘトヘトなのに、臭いまで落とした確証は持てないと。